2-2 新規入場者教育

(1)新規入場者教育とは

建設現場では、入場1週間以内に被災するケースが非常に多く発生している。

このため、現場の状況、現場ルール、安全作業に必要な事項などを新規入場時に教育し、併せて作業者本人の経験や健康の確認を行う。


現場入場後経過日数別死亡災害発生状況

(2)新規入場者教育の実施基準

① 関係請負事業者が請負工事を開始するとき(新たに現場に乗り込むとき)

 イ. 教育の時期・・・作業を開始する前、当日入場の作業員全員
 ロ. 教育実施者・・・元方(担当者)と職長・安全衛生責任者

② 関係請負事業者が施工中の現場に加わり、その作業所に初めて入場するとき

 イ. 教育の時期・・・入場の当日
 ロ. 教育実施者・・・職長・安全衛生責任者

③ 実施場所

 現場事務所の会議室、打ち合わせ室など

④ 実施時間

 30分間程度

⑤ 教育内容

図で示す内容のほかに、作業員の知識、技能、資格、経験、健康状態などの個人特性を把握したうえで、効果的な教育の実施を心がける。

新規入場者教育の実施内容

平成7年4月厚生労働省策定「元方事業者による建設現場安全管理指針」で、
上記のとおり「新規入場者教育」の実施について具体的に定められている。


(3)新規入場者教育の具体的な進め方

建設現場で現在実施されている教育方法は、新規入場者の業種、経験などに合わせて個々に行うのではなく、入場者を一括して実施している現場が多数見うけられる。新規入場者には、前項(2)新規入場者教育の実施基準①②で述べたとおり、2種類がある。

効果的な教育を実施するためには、入場の形態に合わせて、教育方法、内容などを事前に決めておくことが大切である。

次に建設現場で行われている「新規入場者教育」の一例を示す。

  1. 新規入場者を、職場体操・安全朝礼終了後に、現場事務所会議室や打ち合わせ室などに集合させる。
  2. 新規入場者アンケート用紙に、氏名、生年月日などの必要事項を入場者本人が記入する。
  3. 新規入場者教育実施内容(ビデオ、教育テキスト、資料)を「教え方の4段階法」・「指導および教育の8原則」を活用して教える。
  4. 新規入場者アンケート用紙に記載事項を確認後、署名させて終了する。

※主な教育資料として、教育内容をパンフレット、チラシ程度にわかりやすくまとめたものを、現場で作成しておくとよい。教育資料は、作業所により独自なものを作成するが、標準的なものを図に示す。


新規入場者教育の実施内容

 

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ