丸のこ等取扱い作業従事者教育

中小建設業特別教育協会では、丸のこ等取扱い作業従事者教育の講習会を開催しています。受講資格、日時、会場、受講料等をご確認ください。

講習時間:1日間(計4時間) 受講料金:8,300円(教材費・消費税込)


丸のこは、木材等を切断するために建設業等で広く使用されている工具です。のこ歯を電気によって高速回転させる工具であるため、のこ歯への身体接触、加工物との反ぱつによる本体の予想外の動き、衣服等の巻き込み、安全装置の無効化、感電等が引き起こされ、これらによる災害が後を絶ちません。

このような状況を受け、厚生労働省から建設業等における携帯用丸のこ盤の安全教育の徹底に関する通達がありました(平成22年7月14日、基安発0714第1号)。当協会では、この通達に基づく安全教育を実施しております。

対象業務

丸のこ等(携帯用丸のこ盤、携帯用丸のこ、可搬式丸のこ盤)を使用して行う作業に従事する労働者

教育の内容

<学科>

丸のこ等に関する知識 0.5時間
丸のこ等を使用する作業に関する知識 1.5時間
安全な作業方法に関する知識 0.5時間
丸のこ等の点検及び整備に関する知識 0.5時間
関係法令 0.5時間

<実技>

丸のこ等の正しい取扱い方法 0.5時間
  (合計4時間)

受講料金

教材費・消費税込 8,300円

よくあるご質問

当講習に関する「よくある質問」をまとめましたので、丸のこ等取扱い作業従事者教育よくあるご質問ページも合わせてご確認ください。

講習スケジュール

※現在、予定がありません。出張講習をお申し込み下さい。   出張講習のお申込

関係法令

厚生労働省からの通達

建設業等において「携帯用丸のこ盤」を使用する作業に従事する者に対する安全教育の徹底について(平成22年基安発0714第1号)

丸のこ災害の例

厚生労働省リーフレット:
木材加工作業におけるリスクアセスメントのすすめ方(13~14ページ)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei14/dl/080301b_0012.pdf

(社)日本労働安全衛生コンサルタント会リーフレット:
流通・小売業における行動災害のリスクアセスメントのすすめ方(16ページ)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei14/dl/ryutu1-16.pdf

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ