オンライン講習(WEB講座)

オンライン講習(WEB講座)を始めることになりました

特定の日に開催される講習会に参加するのではなく、インターネットを通して、受講者の都合の良い日、時間に自由に受講していただくことができます。

  • オンライン講習は、パソコンやタブレット(スマホ)で受講していただけます。
  • 章単位の動画なので、ご自分のスケジュールに合わせて自由に受講可能。
  • 修了証は、通常講習とまったく同じものとなります。

お申込み前にお読み下さい

  • この教育は厚生労働省通達等により、事業者(又は監督者)の監視の元で行い、終了後事業者による「教育実施証明書」を提出頂ける方のみご受講頂けます。
  • 個人の方(個人事業主を含む)のお申込みは受付ておりません。(事業者による監視者の立会いができないため)
  • CPDS(継続学習制度)には対応しておりませんので、認定の必要な方は一般講習をご受講下さい。

※実際の講習時間が不足している場合や、言語の理解能力の無い外国人労働者に通訳等の適切な措置を取ることなく受講させた場合など、不正に修了証を取得したことが判明した場合は、修了証の取り消し・返却は勿論、当協会ホームページで公表又は直接文書等により関係各所への無効である旨の通知を行うことがあります。 なお、この場合であっても既納の受講料の返金は致しません。また、上記通知等によって生じた損害に対して当協会はいかなる補償・補填も致しません。

開催中のオンライン講習会

※ 現在、開催中の講座は「熱中症予防教育」のみ
※ オンライン講習の受講料金も、会場での受講金額と同額となっております。

※「熱中症」以外の講習会で、協会より個別に連絡させていただく場合は別途受付フォームをご用意します。

お申し込み

以下のボタン「オンライン講習会申込へ」からお申し込みください。

職場で、パソコンやタブレット(スマホ)で受講可能

🖥 オンライン講習申込へ

 


お申込みから修了証交付までの流れ

オンライン講習について

当会では、教育成果を上げるために対面での安全衛生教育が望ましいと考えておりますが、昨今の困難な時期では、安心して安全衛生教育を受けることが難しくなっています。
しかしながら、建設現場は稼働しており、安全を軽視することができないと、教育を急ぐ事業所様も多くいらっしゃいます。そこで、今回、オンライン講習(通信教育)にて開催する運びとなりました。

厚生労働省から出されている「インターネット等を介したeラーニングにより行われる特別教育の当面の考え方について(PDF)」(令和2年3月26日)の通達に沿って開催いたします。

  • 当会では全受講生の視聴ログを保存いたします。
  • 事業者様には監視者として立会っていただき、講習終了後に当会に「教育実施証明書」のご提出をお願いします。

※厚労省通達により、規定の教育時間以上当該学科教育が行われたことを担保するため、eラーニング提供者又は事業者による監視者の配置が必要とされております。オンライン講習を受講の場合は、事業者の監督(監視)下で受講していただくようにお願いいたします。


オンライン講習画像イメージ

オンライン講習視聴画面イメージ
オンライン講習動画一覧イメージ

よくある質問

通信教育でも受講したことになるのですか?

当講座は所定の講習要件(法定等の科目、範囲、時間)及びeラーニングに関する厚労省通達の内容に沿って実施しますので、通常講習(対面講習)と同様の取り扱いになります。


事業者の監督(監視)下でないと受講できませんか?

現在のところ厚労省通達により、規定の教育時間以上当該学科教育が行われたことを担保するため、eラーニング提供者又は事業者による監視者の配置が必要とされておりますので、この条件を具備されない方の受講はできません。


社内で複数人で集合して動画を閲覧したいのですが、どうすればよろしいですか?

複数の受講者で代表者の動画を共同で見る場合でも、お申し込みは受講者ごと個別にお申し込みしていただく必要がございます。


個人(個人事業主を含む)での申込みはできますか?

令和2年3月26日付厚労省労働基準局安全課等通達「インターネット等を介したeラーニングにより行われる特別教育の当面の考え方について」により、講習が無効とされる例が示されており、同通達中「1 考え方」の③に、以下の記載があります。

「eラーニング等を提供する者(以下「教育事業者」という。)又は事業者が監視者を配置していないために、当該映像教材又はウェブサイト動画等の視聴・閲覧中に受講者が自由に離席できる場合等、各特別教育規程に定める教育時間以上当該学科教育が行われたことが担保できないもの」

従って、個人事業主の方は「事業者」ではありますが、自己の証明を以て「担保」は出来ないものと解釈され、ご受講頂いても無効とされる恐れがあるため現時点ではご受講をお断りしています。


受講時間帯とかありますか?

いつでもご視聴は可能な仕様になっておりますが、監督(監視)下での実施が条件です。


受講に当たって準備することがありますか?

継続して動画の視聴が可能な通信環境が必要です。(インターネット接続料金等はお客様のご負担となります。)


実技はどうなりますか?

実技は、実施についての案内と動画をご準備しておりますので、事業所等において実施して頂き、実施後「実技実施報告書」のご提出をお願いします。学科も含めてすべての学習が終了後に、「※事業所等で実技〇時間以上実施済」と記載した修了証を発行いたします。


実技はせずに、学科だけでも修了証はもらえますか?

学科のみご受講の修了証でよい場合は「実技実施報告書」のご提出は不要で、「〇〇教育 学科 修了証明証」と記載した修了証を発行いたします。


途中で受講を止めたり、受講者を交代することはできませんか?

中止されるのは構いませんが、一定期間(30日)が経過すると修了分の履歴は無効となります。また、返金は致しかねますし、受講者の中途交代は出来ません。(IDパスワード取得後で開始前段階の場合はご相談ください)


仕事が忙しく、所定の期限までに終わりそうもないのですが。

受講期限の1週間前に、視聴の終了が迫ってる旨のご連絡をいたします。その時に、無料で10日間の延長を希望することもできます。その延長期間も経過した場合には、申し訳ございませんが、再度お申し込みください。


暇になったので再度申し込みたいと思っています。前回半分以上受講したのですが。

別途ご相談ください。


通信教育を申込したのですが、一般の対面講習に変更したいのですが、可能でしょうか?

変更可能です。ご相談ください。


修了証は通常講習と同じものをもらえるのですか?

基本的には同じもので、特に通信教育等の記載は致しません。
実技のある講習においては、実技を事業所等で実施していただきますので、修了証の余白に「※事業所等で実技〇時間以上実施済」などと記載します。


修了証はいつもらえますか?

事業者様の証明を添付した終了のメールが到着後、特に問題が無ければ2営業日以内の発送となります。


オンライン講習は、CPDSの対象ですか?

オンライン講習は「CPDS(継続学習制度)」には対応しておりませんので、認定の必要な方は一般講習をご受講下さい。


外国人でもオンライン講習を受講できますか?

オンライン講習のご受講は、事業者様の監督(監視)下で行われますので、外国人の方のご受講にあたっては、承諾事項をご確認・ご承諾していただき、ご受講ができます。詳細については「外国人労働者の方の受講について」をご覧ください。


外国語のテキストはありますか?

HPのメニュー「各国語無料WEB教材」に、ご準備しております。現在「フルハーネス型墜落制止用器具特別教育」について、英語、ベトナム語、インドネシア語のテキストがございます。


このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ