特別教育講習会風景
安全作業に必要な知識と技能を身につけるための 各種技能講習、各種能力向上教育などを実施しております。

受講者数 延べ227,781人(2019年9月末 現在)

講習会一覧はこちら »

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する 受講までの流れはこちら 》
 ご希望の場所に伺って講習を行います! 出張講習・講師派遣 必要な時に必要な講習を 私たちは常に質の高い講習会を目指しています。教育/研修の専門家による講師研修を開催いたしました フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

このたびの台風 19 号により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

なお、当協会の各種講習については、予定通り開催させて頂きますが、台風の影響により欠席されるお客様は、下記「台風接近時の講習会の開催について」をご参照くださいますようお願い申し上げます。

台風接近時の講習会の開催について

  1. 会場施設が通常どおり営業している場合、講習会は開催する予定です。
  2. 台風が理由で欠席の場合は御希望により「受講料の返金」又は「次回又は他の会場での受講」にて対応させて頂きますので、ご連絡ください。
    ※出欠につきましては自己責任にて適切にご判断いただきますようお願い申し上げます。
  3. 以下の場合は講習会を中止し、上記2.の場合と同様の扱いとさせて頂きますのでご了承ください。(→決定次第HPに掲載予定)

  • 開催地域(会場所在地域)に特別警報又は避難勧告・命令が発令された場合など開催困難と判断した場合
  • 会場施設が臨時休業等で、使用困難となった場合
  • その他交通遮断など台風の影響で不測の事態が生じ、開催困難となった場合

ごあいさつ

安全作業に必要な知識と技能を身につけるための各種技能講習、法令に基づく各種特別教育や厚生労働省が策定した安全衛生推進要綱に基づく各種能力向上教育などを実施しております。
各講習の受講料、申込方法等についてはこちらをご覧ください。

講習会一覧

※講習会開催予定は「スケジュール」でご確認ください。
※講習会への参加手順については「受講までの流れ」をお読みください。

年少者の受講について

当協会では各種安全衛生教育の目的・内容に照らし、法的に受講資格要件を定めたものを除き特に年齢制限を設けておりません。
これは、「受けないより受けた方が、より安全化につながる」という考え方によるもので、例えば年少者に特別教育の対象となるような危険又は有害な作業に従事させ、あるいは職長等の管理監督者に年少者を選任されることを推奨するものではありません。
事業者各位におかれましては、このような場合の適正な配置や指導について、十分な配慮をお願いしたいと存じます。

お知らせ

  • 安全衛生担当者を対象とした意見交換会を実施しました。

    2017年9月28日に各種安全衛生関連講習をご受講頂いた企業のご担当者様を対象に、安全衛生への取り組みに関する情報交換・共有、及び、社員研修に関する最新の研究成果のご紹介をいたしました。
    安全衛生担当者を対象とした意見交換会

  • 社内研修用の動画を公開いたしました。

    KYT(危険予知トレーニング)をどのように行えば良いのか、そんな疑問にお答えしようと4部制となる動画を公開いたしました。危険予知活動(KY)シリーズ(動画)

  • 被災地でボランティア活動をされる方へ
    粉じん・アスベスト(石綿)にご注意ください ~防じんマスク着用について~

    被災地でボランティア活動をされる方向けに粉じん・アスベスト(石綿)に関する注意事項を掲載しております。
    阪神淡路大震災の教訓から、防じんマスクの着用をおすすめしています。
    詳しくはこちらをご覧ください。
    (財)中小建設業特別教育協会から「災害ボランティアの方へ防じんマスク着用のお願い」

  • 被災地で災害復興作業に携わる方へ

    建災防より復興作業におけるチェックリストが発表されています。
    現地で作業される際にご活用ください
    建災防 災害復興工事安全衛生対策チェックリスト

  • 当サイトで受講企業様のご紹介をさせていただきます

    安全教育活動を積極的に行っている企業様として、当協会で安全衛生教育を受講された会社の社名、住所、電話番号、FAX番号を掲載しております。
    詳しくは「当会で受講された企業様のご紹介」のページをご覧ください

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ