【第2章】自由研削用といし⑥

第2節 研削といしの表示及び安全③

3.研削といしの安全上注意事項

(1)グラインダに適したといしを選択し、取付前に外観検査を実施する

(2)正規のフランジを使用して正しく取り付ける

(3)指定された保護具を使用する

(4)グラインダには覆いを取り付ける

(5)決められた手順で試運転を行い、異常の有無を確認する

(6)といしに表示されている最高使用周速度を超えて使用しない

(7)決められた使用面以外は使用しない

(8)包装した状態で、乾燥した換気の良い棚などに保管する
※といしは水分湿気に弱い

(9)といしが湿気を帯びているときは必ず乾燥してから打音検査を行い、できれば回転・平衡の再検査を受ける

(10)落とす、投げる、転がす、突き当てる等の衝撃を与えない

(11)積み重ねたり、上に重い物を載せない(切断といしは平積みする)
また、仕様を記載しているラベルについては、内容を作業者に伝えるだけでなく、といしをフランジに取付ける場合にクッション材の役目も兼ねているので、剥がしてはいけません。

 

【打音検査】

といしを機械に取り付けるときは打音検査を実施する。このとき濁音を発したものは使用してはいけません。

(チェックシートの例)

 

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ