【第2章】自由研削用といし②

第1節 研削といしの概要②

1.と粒

加工物を削る刃物に相当し、加工物より硬い。

現在研削といしに使用されていると粒は大きく分類して次の4種類になります。

①アルミナと粒(A系と粒)

②炭化けい素質と粒(C系と粒)

③ダイヤモンドと粒(SD)

④立方晶窒化ホウ素と粒(CBN)


これらのと粒は硬度、靭性(じんせい/粘り強さ)、フライアビリティー(砕けやすさ、割れやすさ)が各々異なるため、被覆材、研削方式、要求精度などによって最適なと粒を選定します。


砥粒の硬度・靭性
砥粒 硬度 破砕性 被削材 用途
一般砥粒 A系砥粒 A 2050 50 炭素鋼・合金鋼 普通研削
WA 2070 55 炭素鋼・合金鋼 軽研削
PA 2060 48 工具鋼・合金鋼・鋳鉄 普通研削
SA 2060 38 炭素鋼・合金鋼・鋳鉄 高能率研削
CX 2190 25 炭素鋼・工具鋼・合金鋼・鋳鉄・ステンレス 高能率高寿命研削
C系砥粒 C 2500 64 鋳鉄 軽研削
超硬合金、アルミニウム、石材、ゴム 普通研削
GC 2500 70 普通研削
超砥粒 CBN 4700 各種鋼材、鋳鉄 高能率高寿命研削
ダイヤ 7000~8000 超硬合金、サーメット、セラミックス、ガラスフェライト、石材等 高能率高寿命研削

※「硬度」(ヌープ硬度):工業材料の硬さを表す尺度、数位が大きいほど硬い。

※「破砕性」(フライアビリティー):砕けやすさを表し、数値が大きいほど砥粒が破砕しやすい=砥粒が砕けることによって鋭利な部分が現れるため、砕けやすい砥粒ほど削る能力が高い。ただし、結合剤など他の条件もあるため、砥粒の性質だけでといし全体の性質が決まるわけではない。




2.粒度

と粒の大きさを「粒度」といい、研削面の仕上げ精度で選定します。JIS規格では、8~3000番まで区分されています。粒度は1インチ(25.4mm)の間にあるふるい目数をいい、小さい数値は粗いと粒を、大きい数値は細かいと粒を表します。


一般と粒の粒度と粒径
粗 粒 微 粒
粒度
(F)
標準粒径
(μm)
粒度
(#)
標準粒径
(μm)
8 2380 240 50
10 2000 280 41
12 1680 320 36
14 1410 400 27
16 1190 500 24
20 1000 600 21
24 710 700 20
30 590 800 18
36 500 1000 15
46 350 1200 13
54 297 1500 10
60 250 2000 8
70 210 2500 6
80 177 3000 5
90 149
100 125
120 105
150 74
180 62
220 53

※8~220までを「粗粒」、ファインズ篩(ふるい)試験による粒度で単位(F)、呼び方は「8F(はちエフ」「36F」などそのまま「数字とエフ」。

※240からの「微粉」、沈降試験方法による粒度で単位(#)は番手を表す。呼び方は「240番」「2000番」など「数字と番」。


一般に粒度の粗いF36まではバリ取り、キズ取りなどの研削作業や切断作業に使用されます。これに対してF46よりも細かいと粒は寸法精度・仕上面粗さが要求される機械研削に主に使用されます。

粗いと粒を使ったといしほど強度は弱くなります。

 

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ