【第2章】自由研削用といし①

自由研削といしとは、研削、研磨、切断等をするための工具です。材料の種類・配合方法などにより、非常に多くの種類があり各種作業に適応しています。また、特殊な作業でオーダーメイドされる場合もあります。

第1節 研削といしの概要①

研削といしは、以下の三要素から構成されています。

りゅう :加工物を削る刃物

結合剤:と粒を結合する接着剤

気孔:といしと結合剤の間にあるすきま(研削時に生じる切屑や熱を逃がす)



研削といしは、加工物を削ると粒(砥粒)が結合剤により固められ、そのすきまに切屑を逃がす気孔を設けた構造であり、加工物を削ることによりと粒(又はと粒の一部)は脱落し新たに鋭利な表面が現れます。そのことを繰り返すので、いつも新しい砥粒で加工できるのです。(といしの自生作用)

反面、これは「といしは壊れていくから切れる」ということでもありますので、「といしは壊れやすいもの」ということを念頭に作業することが必要です。

 

研削といしの一般的な特徴

1.と粒は加工物より硬い

2.といしには、と粒が無数に結合され、それぞれが刃物の役割をしています。刃先が小さくても高速回転のため、加工面に刃先が接触し、通過することにより大きな力を発揮し、高能率に加工することができます。

3.刃先の摩滅した砥粒は、脱落し、常に新しい刃を出し、絶えず新鮮な切れ味を保ちます。(これを自生作用といいます)
また、研削といしは加工用途によりと粒の種類、結合剤、粒度、結合度、形状、縁形等多岐にわたる分類があります。これらは研削盤(グラインダ)の種類によっても使い分ける必要があり、また、JIS規格などで表示・区分されています。

 

といしには大別すると次のような分類があります。

1.と粒・・・・・・・・と粒の種別

2.粒度・・・・・・・・と粒の大きさ

3.結合度・・・・・・・といしの硬さ(と粒を保持している強さの程度)

4.組織・・・・・・・・といしの容積に占めると粒の割合

5.結合剤(ボンド)・・と粒を保持している材料の種類

6.形状・・・・・・・・といし全体の形

7.縁形・・・・・・・・といしの縁面の形

 

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ