3-1 作業者の適正配置

(1)適正配置とは

建設工事の作業過程において、部下の作業者が作業を安全に、早く、安く、でき映えよく、正しく進めていくためには、その作業の特性と、作業者の特性の両面について考慮して適切に人員を配置する必要がある。

このように対象となる作業に最もふさわしい作業者を配置することを適正配置という。


作業員の適正配置

(2)作業特性と作業者の特性

① 作業特性

作業特性には、作業の種類、形態、内容(質・量)、作業条件、工期・工程、作業環境条件などの要因がある。それぞれの要因について細部にわたり検討することで、作業者の資質、資格、人数や適切な作業方法、安全対策事項を引き出すことができる。

②作業者の特性

作業者の特性は、作業を遂行するための心身能力であり、性別、年齢、業務歴、資格、知識、技能、態度、体力、健康状態、性格、心理状態などの要素で構成されている。このうち、知識・技能・態度・体力の4要素を合わせて、労働能力という。この労働能力をふだんから把握し活用することで、仕事の成否や事故・災害の防止に大きく影響を及ぼす。


適正配置の考慮すべきポイント




3-2 建設現場における適正配置の方法

職長・安全衛生責任者は、毎日現場で行う安全工程打ち合わせで、翌日の作業内容を確認し、仕事の量や質により、作業者の適性を生かして作業を割り当てる。

次の事項を基準にして配置を決める必要がある。


 ① 作業者の能力の程度に応じて

 ② 資格が必要かどうかよく調べて

 ③ 作業者とコミュニケーションの場を数多く持って、相互理解を深めて

 ④ 作業の量を考えて

 ⑤ 作業の分担とつり合いを考えて

 

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ