作業内容への気配り(作業管理)

作業時間を工夫する

・休憩時間をこまめに取り、連続作業時間を減らす
・午前中は建物の西側、午後は東側など、作業位置を工夫した工程を組み、直射日光を避けるようにする
・1日の中でも、気温が低めな時は重度な作業、高めな時に軽度な作業をするなど、作業内容を工夫した工程を組む

熱に慣れるための順化期間をつくる

高温多湿場所での作業は、初日の作業時間は少なめにし、7日以上かけて作業時間を長くしていくなど、熱に対して計画的に体を慣らしていくようにする。
熱に慣れていない場合に、熱中症の発症率が高くなることが統計上、明確であるため、徐々に慣らしていく必要がある。

(例)
・梅雨明けに急に暑くなった時に熱中症の発症率が高くなる
・職場での死亡事故のうち4割が、作業開始から7日以内に発症したケースである

定期的に水分・塩分を摂取する時間を作る

喉がかわくなどの自覚症状がなくても、定期的(20~30分ほど)に水分・塩分を摂取する必要がある。高齢者や初心者は、脱水状態であっても自覚症状が少ないので、特に注意する。

熱中症対策を考慮した服装・保護具を着用させる

・通気性や給水性の優れた服装を着用
・事務所などではクールビズスタイル(半袖・襟元の開いた服)とする
・風通しの良い帽子をかぶる
・通気性の悪い保護具を着用すると、熱中症のリスクが高まるため、保冷材の入った保護服やファンのついた保護帽など、冷却機能のある保護具を活用することも大切である

作業中の巡視・声かけの励行

・熱中症対策の責任者を決めておき、責任者は作業中、作業者が水分・塩分をしっかり摂取しているか、健康状態に異常ないかなどを頻繁に巡視して確認する
・作業者同士が互いに声かけをし、健康状態をチェックしあうよう習慣づける

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ