【第4章】課題3 危険性又は有害性等の調査及び結果に基づき講ずべき措置

4.課題3 危険性又は有害性等の調査及び結果に基づき講ずべき措置

リスクアセスメント演習の進め方

「リスクアセスメント演習用シート①」及び「リスクアセスメント演習用シート②」を使用して、リスクの見積りと評価、リスク低減措置を討議し決定します。


① 「リーダー」「書記」「発表者」「評価者」について役割分担を決めます。

② 「リスクアセスメント演習用シート①」に関し、メンバーは各々以下について考え、シートに記入します。

1)  シート1の事故の型

2)  シート2の見積り・評価等の欄及びリスク低減措置

※ 出来るだけKY的対策とRA的対策の両方を考えます。

3)  シート3の再評価欄及びリスク低減追加措置等

③ リーダーは、特定した項目ごとに①の個人ワークを基に適宜メンバーに発表及び討議をしてもらい、「リスクアセスメント演習用シート①」の空白欄を埋めていき、書記担当者は用紙に記入します。

④ 「リスクアセスメント演習用シート①」が終了したら、「リスクアセスメント演習用シート②」に取り組みます。

時間に余裕があればシート4シート5シート6を使用して同じように実施します。

※ 上記については状況により個人ワークは行わず、メンバー間で討議のうえ直接演習用シートに記入しても構いません。

 ⑤ 適宜全体発表を行います。

・各チームの発表者による発表

・質疑応答

・評価者による評価

・講師による講評












 

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ