【序章】第1節 安全帯の名称が「墜落制止用器具」に改められました③

4.「安全帯の規格」が改正され、旧規格に基づくもので新規格(「墜落制止用器具の規格」)の条件を満たしていないものは、2022年(令和4年)1月2日以降使用不可とされました

旧規格の安全帯は買い替え等を考慮して2022年(令和4年)1月1日までは新規格の「墜落制止用器具」とみなされ、高さに関わらず使用可能とされました。

なお、法改正の趣旨から、できるだけ早い時期に新規格品へ移行することが望ましいのは当然です。

 

5.経過措置

改正スケジュール

※2018年(平成30年)7月発行厚労省リーフレットより


【新規格と旧規格の見分け方】

ラベル表示に『「安全帯の規格」適合品』など、「安全帯」という表現があるものは旧規格品です。新規格品は「墜落制止用器具」という名称になっています。

当分の間新旧の規格品が販売される見込みですので、購入時に注意が必要です。

新規格

  • 新規格のランヤードの条件
    (両方を満たしていること)
  • ショックアブソーバが付いていること
  • ショックアブソーバに「墜落制止用器具の規格」という表示があること

旧規格


※ その他規格等に関する主な変更点

  • U字つり専用タイプは墜落制止用器具から除外
  • 6.75メートルを超える高さの箇所で使用する墜落制止用器具はフルハーネス型のものでなければならないこと
  • 衝撃荷重の上限を従来の8kNから6kN(フルハーネス型~国際規格に沿う)、又は4kN(胴ベルト型~日本独自の規格)に改正、これに伴い衝撃緩和器具(ショックアブソーバ)が必須となったこと
  • 従来85kgのみだった規格に、100㎏が加えられた。
    (従来は85㎏の錘による落下試験で8kN以下であればよかったが、新規格では100kgで6kN又は4kNが求められることとなった。)
  • 衝撃緩和器具(ショックアブソーバ)も規格が表示されることとなった
  • ランヤードの(最長)長さ規定を2.5mから2m(フルハーネス型)
    又は1.7m(胴ベルト型)へ短縮


このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ