2018年8月23日 石綿取扱い作業従事者特別教育 場所:東京都

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 11
現場における意識や教育 9
作業上の技術やノウハウ 13
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 10
新たに関心を持った 5
特になかった 3

・石綿粉じんが肺胞に侵入する経路、関連の疾病。石綿が残存している場所等の情報(20代以下 一般社員)
・専門的知識(50代 安全衛生責任者)
・アスベストに対しての見方(40代 職長・管理職)
・健康管理についての重要性(40代 経営者)
・レベル3の石綿しか普段は扱わないが、レベル1、2の取扱いはさることながら、レベル3であっても、十分に注意して作業しなければならないと、改めて感じた(20代以下 一般社員)
・具体的な撤去方法及び作業手続き等。石綿の含有製品等(60代以上 一般社員)
・防護服、マスクの装着方法について(50代 職長・管理職)
・石綿に関する基礎知識(30代 職長・管理職)
・作業着の洗濯でもアスベストが飛散すること(レベル3)(30代 職長・管理職)
・マスクの件や掃除機の事など(40代 経営者、職長・管理職、安全衛生責任者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・石綿解体作業の具体的な流れを学ぶことができた(20代以下 一般社員)
・具体的な注意事項(50代 安全衛生責任者)
・石綿の含有物について認識が出来た事(40代 経営者)
・現場を知っている方の生の話が聞けて良かった(20代以下 一般社員)
・知らない事を教えてもらって良かった(40代 経営者、職長・管理職、安全衛生責任者)
・石綿の含有製品等を知る事が出来た。石綿についての興味を持つ事が出来た(60代以上 一般社員)
・話が分かりやすかった(50代 職長・管理職)
・現場の教育に役立つため(30代 一般社員)
・管理の要点を知ることが出来た為(30代 職長・管理職)
・アスベストの危険性を再認識した。レベル3であっても、しっかりとした知識・準備が必要だと分かった(30代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ