2018年8月17日 熱中症予防教育 場所:大阪府

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 7
現場における意識や教育 23
作業上の技術やノウハウ 7
その他 ・知識

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 12
新たに関心を持った 8
特になかった 7

・熱中症の対策について、新たな知見を得られた(60代以上 一般社員)
・熱中症患者に与える飲みもの(50代 職長・管理職)
・熱中症について勉強でき、大変良かったです(  一般社員)
・麦茶と梅干しの組み合わせ(50代 安全衛生責任者)
・普段ちょっと気分が悪くても、熱中症やなと軽く思ってたのが、真剣に考えるようになりました(40代 職長・管理職)
・熱中症の予防は個別管理が必要なこと。熱中症の確認のために体温計を使用すること(40代 職長・管理職)
・AED使用法(60代以上 一般社員)
・熱中症に効果的な予防対策(梅干し・麦茶)。AEDの適切な使用方法(20代以下 一般社員)
・何事も冷静に対応する事が必要だと思いました(50代 職長・管理職)
・熱中症の有効な対処法など(50代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・熱中症にかかったときの対処法が具体的に分かった(50代 職長・管理職)
・自身の知らないところが多々あった(60代以上 一般社員)
・熱中症とAEDについて知れて、良かったです(  一般社員)
・改めて意識向上につながったと思います(40代 職長・管理職)
・熱中症に対する知識を再確認できた(20代以下 一般社員)
・色々知らないことも学べた(  )
・熱中症対策は、全体的な管理も必要であるが、最も大事なのは個人管理であること(60代以上 職長・管理職)
・安全に対する意識が向上したと思う(60代以上 一般社員)
・熱中症対策のノウハウについて、会社でも広めたい(20代以下 一般社員)
・社会生活において、熱中症が一般的な災害になり、知識を持てた事が良かった(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ