2018年8月1日 石綿取扱い作業従事者特別教育(出張講習) 場所:千葉県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 3
現場における意識や教育 10
作業上の技術やノウハウ 7
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 6
新たに関心を持った 3
特になかった 2

・しっかりした知識を持って扱えばいい(20代以下 一般社員)
・アスベストは危険だと思った(30代 一般社員)
・エジプト王朝期に鉱物から布を作る技術があったこと。ミイラの包帯がアスベストであること(30代 一般社員)
・グラスウールは実は刺さっておらず、傷になっているだけ。アスベストが皮膚から体内へ侵入する可能性は低い(20代以下 職長・管理職)
・近いところにアスベストがあるという事(20代以下 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・解体に関する知識を得ることができた(40代 職長・管理職)
・アスベストの危険さを知った(30代 一般社員)
・アスベストに対する意識が変わった(30代 一般社員)
・テキストに加えて他の教材で分かりやすく理解が出来ました(30代 一般社員)
・保護具の選び方の基準等。テキスト外の知見。クリームの塗布。作業着の選択(20代以下 職長・管理職)
・アスベストの知識が広がりました(50代 一般社員)
・アスベストを扱う時に気を付ける所が分かった(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ