2018年8月1日 熱中症予防教育 場所:神奈川県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 4
現場における意識や教育 21
作業上の技術やノウハウ 3
その他 ・熱中症予防はどうすれば良いのか?→対策を充実させる事が大切である
・熱中症の防止

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 6
新たに関心を持った 12
特になかった 5

・熱中症予防に対する内容全て(40代 職長・管理職)
・AEDの使用について(40代 一般社員)
・熱中症の事にもっと気を配るようにしたいと思いました(50代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・早めの処置。救急車を呼ぶ(40代 職長・管理職)
・大手ゼネコンの熱中症対策を知れて、とても勉強になった(30代 職長・管理職)
・社内で熱中症対策(タブレット、梅干、OS-1など)を用意して取り組んでいますが、タブレットだけを口にしている時もあり、水分も一緒にとらないと意味がない事を知りました(50代 一般社員)
・低温、高湿度での熱中症(20代以下 一般社員)
・新しい「フルハーネス型」の墜落制止用器具の改正の資料は助かりました(60代以上 その他)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・人の命について、改めて考えることができた(50代 安全衛生責任者)
・知識を知って、予防につながると思いました(30代 職長・管理職)
・熱中症に関して、意識・認識を甘くみていたと実感させられた(30代 職長・管理職)
・話が面白かったので(40代 職長・管理職)
・具体的な熱中症対策を指導できる(60代以上 その他)
・協力会社へも周知できる内容だった。安全会議で熱中症講習を行いたく思います(40代 職長・管理職)
・熱中症については、本人の自覚がないことが多く、周囲の人間が気付くこと、マネージメントが大切だと学んだ(30代 一般社員)
・社員に近日中に話したい(60代以上 経営者)
・講師の方も雰囲気が良く、あきずに参加することができた(20代以下 職長・管理職)
・日頃より、作業員に対しては「熱中症」にもっと注意するように話しているが、もっと関心を持つように連絡したいと思った(50代 職長・管理職、安全衛生責任者)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ