2018年7月15日 振動工具取扱作業者安全衛生教育(出張講習) 場所:大阪府

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 6
現場における意識や教育 13
作業上の技術やノウハウ 4
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 4
新たに関心を持った 9
特になかった 5

・予防や対策方法(40代 職長・管理職)
・作業時間の管理の基準を具体的に知ることができた(40代 一般社員)
・色々な講習があるのが分かった(50代 職長・管理職)
・振動工具での障害を発見した(40代 )
・使用する振動工具の限界時間があること(40代 )
・振動工具管理責任者を選任しないといけないということを、初めて知りました(振動工具を5台以上使用の場合)(40代 職長・管理職)
・振動工具は良好な状態で使用すること(50代 一般社員)
・振動業務の作業時間(振動ばく露限界値)(50代 職長・管理職)
・防振手袋を使用した場合、日振動ばく露量に関連性を感じなかったが、防振手袋の性能により、変動が有っても良いのでは?と思う(50代 )

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・分かりやすい(40代 職長・管理職)
・重要な箇所を明確に説明して頂き、よく理解できた(40代 経営者)
・振動障害について考え方が変わった(50代 職長・管理職)
・分かりやすかった。色々と参考になった(50代 職長・管理職)
・分かりやすくて良かった(40代 )
・工具別の振動障害の危険度(振動の大きさ=危険度大?)が分かれば、参考になると思いました(40代 一般社員)
・振動障害の意識が高まりました。連続作業時間を把握した(50代 一般社員)
・短時間でも分かりやすかった(20代以下 一般社員)
・なにげなく使っている工具が、障害につながる事のこわさが分かった(40代 )
・日々の仕事の中で振動は感じる事は有ったが、体との関係を感じる事がなかったので、今後見方が変わるかなと感じた(50代 )

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ