2018年7月6日 熱中症予防教育 場所:千葉県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 6
現場における意識や教育 15
作業上の技術やノウハウ 6
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 7
新たに関心を持った 9
特になかった 4

・熱中症になりやすい時間を知れて、これから気を付けていきたいと思います(20代以下 職長・管理職)
・水分中のナトリウムの濃度の重要性(20代以下 一般社員)
・具体的に必要な水及び塩分の摂取量と摂取法(40代 職長・管理職)
・細かい対策グッズ、飲料に対する知識等(30代 経営者)
・熱中症についての対策(50代 一般社員)
・塩分・水分補給にいいもの(20代以下 職長・管理職)
・フルハーネス型安全帯が来年から使用に教育受講が必要になる事(40代 安全衛生責任者)
・具体的な数字を知ることになったので、今後対応することになる時も参考になる(40代 職長・管理職)
・労働災害に関する具体的な事例・データが豊富にあり、役に立った(30代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・熱中症自体の話は知ってたが、話が分かりやすかった。自分が話す時に参考にしやすかった(20代以下 一般社員)
・社内教育の為になりそう(50代 安全衛生責任者)
・知らない事もあったので(30代 経営者)
・分かりやすかった(50代 一般社員)
・新しい発見があった(20代以下 職長・管理職)
・あいまいな知識だったが、はっきりとしたものになった(40代 職長・管理職)
・テキストにこだわらず、実務重視で講習頂いた(40代 職長・管理職)
・労働災害に関する具体的な事例・データが豊富にあり、役に立った(30代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ