2018年6月13日 低圧電気取扱業務特別教育(出張講習) 場所:兵庫県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 14
現場における意識や教育 33
作業上の技術やノウハウ 9
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 12
新たに関心を持った 10
特になかった 14

・低圧電気でも死亡災害が多かったので、おどろきました(30代 一般社員)
・漏電ブレーカーの構造について知れた(40代 一般社員)
・今まであいまいであった規定等を正しく認識できた(20代以下 一般社員)
・実際にAED使用時に冷静になる必要がある事(40代 一般社員)
・漏電に関する項目(20代以下 一般社員)
・ブレーカーをしゃ断した後の検電チェック。今まで実施していなかった(40代 一般社員)
・危険作業における保護具の有効性・重要性(50代 職長・管理職)
・漏電遮断器の設置、感度の重要性、接地の施工方法、種類を学べた事(40代 一般社員)
・600Vでも低圧範囲になる事に驚いた(40代 職長・管理職)
・漏電しゃ断機と接地の件(30代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・分かりやすかった(40代 一般社員)
・AEDの話がとても勉強になった(30代 一般社員)
・初めて電気関係の講習に参加したので、意識改善が出来た(30代 一般社員)
・電気の怖さが分かりました(40代 一般社員)
・法令・規則などを知る事が出来た。ビデオ等で分かりやすかった(50代 職長・管理職)
・現場での作業に活かせる事も多くありました(30代 一般社員)
・安全意識が向上しました(40代 職長・管理職)
・電気取扱時の注意点を具体的に知れた(40代 一般社員)
・業務内容に直結する安全講習であったため、勉強になった(20代以下 一般社員)
・動画等実例を用いた内容が多く、非常に分かりやすいと感じました(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ