メニューボタン

2016年11月15日 ダイオキシン類作業従事者特別教育(出張講習) 場所:大阪府

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 9
現場における意識や教育 11
作業上の技術やノウハウ 1
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 8
新たに関心を持った 6
特になかった 1

・ダイオキシンによる有害性、人体に対する影響(40代 職長・管理職)
・ダイオキシンで死者はいないということ(20代以下 一般社員)
・ダイオキシンの性質、濃度(体に及ぼす)、社会への影響(40代 職長・管理職)
・ダイオキシンが原因での死者がいないこと(40代 一般社員)
・ダイオキシンは有害とは知りつつも、どのようなものかよく分からなかった。多少なり理解を深めることが出来たと思います(40代 一般社員)
・ダイオキシンで死んだ人はいない(60代以上 一般社員)
・ダイオキシン類では病気にならないこと。体内に入る経路が分かった(60代以上 一般社員)
・ダイオキシンがどんなものかが分かった(50代 職長・管理職)
・焼却炉、集じん機以外の電気設備点検について、焼却炉が稼働していない場合、教育は特に必要ない事が分かった(40代 一般社員)
・粉じんによる病気は治らないものだということは知らなかった(20代以下 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・ダイオキシンに対する作業面の知識が得られた事(40代 職長・管理職)
・ダイオキシン類の知識が少し増えた(20代以下 一般社員)
・ダイオキシンについて、より深く注意する意志が持てた(40代 一般社員)
・ダイオキシン類は毒性が強いのが分かった(60代以上 一般社員)
・ダイオキシンについて理解を深めることが出来ました(50代 職長・管理職)
・保護具の手入れ、点検について、内容が理解できて良かった。局所排気設備で、各1回/日、1回/月、1回/年の主な内容について理解できた(40代 一般社員)
・防具の重要性を認識した(20代以下 一般社員)
・国が定めた規定について知れたこと。粉じんが多い場所での作業するときの対策を知れたこと(20代以下 職長・管理職)
・マスクの使用を再度確認するように感じた(20代以下 職長・管理職)
・ダイオキシン類の知識がなかったので、とても参考になった(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ