2015年6月20日 職長のためのリスクアセスメント教育(出張講習) 場所:山形県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 3
現場における意識や教育 10
作業上の技術やノウハウ 3
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 0
新たに関心を持った 6
特になかった 4

・分からなかったことを知った(30代 安全衛生推進者)
・リスクアセスメントの言葉の意味、対策を講じることで軽減されること(40代 職長・管理職)
・リスクアセスメントについて(40代 一般社員)
・安全対策について再度理解できて良かった(40代 一般社員)
・現地KYでのリスクを取入れたKY(リスクアセスメントKY)を進めていきたいと思う(50代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・話しがよかった。丁寧でした(30代 安全衛生推進者)
・現場にてリスクアセスメントKYは元請のKY用紙にて実施していたが、作業手順も含め再確認の勉強が出来、大変良かった(50代 職長・管理職)
・いろんな視点から危険予測が感じられるのだと思った。安全な現場はなく、
 常に危険があることに注意し作業しなければいけないことに気づいた(50代 職長・管理職)
・安全に対する意識を再確認できた(50代 一般社員)
・リスクアセスメントの実施の手順(40代 一般社員)
・リスクアセスメントについて勉強できた。これからに生かして行きたいと思います(40代 一般社員)
・リスクアセスメントのレベルアップになった(40代 職長・管理職)
・リスクアセスメント実施手順にもとづき、作業手順書を作成することによって
 新人作業員への安全教育・安全作業に役立てたい(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ