メニューボタン

2021年8月11日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:山口県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 26
現場における意識や教育 27
作業上の技術やノウハウ 5
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 9
新たに関心を持った 17
特になかった 17

・現場での職長の役割の大事さ(60代以上 一般社員)
・いろいろ発見できました(60代以上 職長・管理職)
・事業者のしなければいけない事(60代以上 職長・管理職)
・フルハーネスの種類(40代 職長・管理職)
・フルハーネス型墜落制止用器具に色々な種類があることを知れた(20代以下 一般社員)
・災害事例がよく分かった(50代 職長・管理職)
・作業の安全管理方法(20代以下 一般社員)
・安全帯とはいえ、正しい使い方をしなければ意味がないということ。そのために正しい使い方を今回学べたと感じる(20代以下 一般社員)
・胴ベルト型はあぶない。ショックアブソーバーの重要性(50代 一般社員)
・胴ベルト型で吊り下がった時の負荷が思った以上に大きいこと(50代 経営者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・とてもよく分かりました(60代以上 職長・管理職)
・安全に対しての再確認(20代以下 一般社員)
・労働災害がおきた時の責任が分かった(60代以上 職長・管理職)
・色々な事例が有り、今後の仕事に役立てそう。安全に対する考えが少し変わった(60代以上 一般社員)
・知らなかった法令等の知識を得ることができた(20代以下 一般社員)
・いろいろな事がよく分かった(60代以上 経営者)
・名前や使用目的は知っていたが、正しい使い方を知ることができた(20代以下 一般社員)
・準備の重要性。自分に合った物を使う事(50代 一般社員)
・現場で役に立つ内容でした(60代以上 一般社員)
・安全関係を再確認できて良かった。災害事例等が具体的で良い(50代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ