2021年6月14日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:大阪府

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 19
現場における意識や教育 26
作業上の技術やノウハウ 7
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 10
新たに関心を持った 7
特になかった 25

・事故の例を聞いて、気をつけようと思った(20代以下 一般社員)
・安全第一(20代以下 一般社員)
・補助スリング的なものがあることを発見した(50代 職長・管理職)
・1種、2種の使い分け(60代以上 一般社員)
・災害に対する安全面の心掛け(40代 職長・管理職)
・ランヤード、フルハーネスとの使い分け!(30代 経営者)
・単にハーネスを付ければ良いという事ではないという事(40代 一般社員)
・吊られてもほとんど痛くないこと(20代以下 一般社員)
・新墜落制止用器具規格(40代 職長・管理職)
・フルハーネスも必ず身を守ってくれるわけではない。良い点、悪い点がある事(20代以下 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・知らなかったことを知れた(20代以下 一般社員)
・分かりやすく、親切だった(20代以下 一般社員)
・フルハーネスを実際に付ける事が出来た(50代 安全衛生責任者)
・話が大変分かりやすかった。具体的な例などの話も聞くことができた(40代 職長・管理職)
・法令の再確認ができた(50代 一般社員)
・フルハーネスの装着方法が具体的に理解できたこと(40代 職長・管理職)
・画面が見にくかった(40代 一般社員)
・新しい発見でした!(40代 職長・管理職)
・(良)講師の方の体験談などを聞くことができて、安全への意識がより高くなったので(20代以下 職長・管理職)
・実技をもう少し体験したかった(60代以上 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ