2021年2月19日 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育 場所:愛知県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 7
現場における意識や教育 18
作業上の技術やノウハウ 7
その他 ・ピット内作業の参考になります

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 7
新たに関心を持った 10
特になかった 12

・酸素欠乏、硫化水素の危険性(60代以上 一般社員)
・作業主任者を2人以上選任した場合は、それぞれの職務の分担を定めなければならないこと(20代以下 一般社員)
・酸素欠乏、硫化水素の危険性(30代 一般社員)
・酸素欠乏症による危険性や知識。作業前の酸素濃度の点検の重要性や保護具の使用法(30代 一般社員)
・酸素欠乏症のこわさが分かった(50代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・作業手順、リスクアセスメントの大切さを再認識させられた(40代 経営者)
・酸欠空気の発生について(鉄の酸化、植物の呼吸など)(20代以下 一般社員)
・人体が無酸素空気を吸引すると死亡する事を初めて知りました。硫化水素を無害化出来る事も知らなかったです(40代 経営者)
・ガスの濃度、軽さ重さなどで計測する位置を変えなければならないこと(40代 職長・管理職、安全衛生責任者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・酸素欠乏に対しての作業の危険性がよく分かった(60代以上 一般社員)
・事故のほとんどは換気、計測の未実施であるため、必ず行うようにしたい(20代以下 一般社員)
・(良)知らなかった知識を知れたので(30代 一般社員)
・分かりやすい説明(50代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・現場での災害、社内での教育に役立てられる(40代 経営者)
・煙突、SLの保守点検に携わってますが、講習会で教えてもらった環境での作業等があるので、今後生かせる内容で良かったです(40代 経営者)
・知識が全くない中で受けた為、知識として入れることができたと思う。途中、資料を進んだり、戻ったりしている時が多かった時があったため、少し分かりにくい時があった(20代以下 職長・管理職)
・今まで軽く考えていた事を講習にて重要性を勉強できて、現場で役立つと思いました。職種上、使わない所もあった(40代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・(良)パワーポイントを用いていて、理解しやすかった(悪)携帯音やいびきが気になった(他受講者)。テキスト以上の話が少なく感じた(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ