2020年6月10日 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育 場所:北海道

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 6
現場における意識や教育 10
作業上の技術やノウハウ 5
その他 ・非常に危険がある事

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 3
新たに関心を持った 4
特になかった 8

・酸欠や硫化水素ガスによる人体への影響。法令で決められているという点(30代 一般社員)
・人工呼吸(心肺蘇生)の大切さに改めて気付きました。また、日頃の点検も重要だと思いました(特にAED)(30代 一般社員)
・硫化水素について(60代以上 一般社員)
・硫化水素中毒の恐さ、酸素濃度の安全限度対策(60代以上 一般社員)
・他の特別講習について(40代 一般社員)
・作業現場でのAED設置が環境改善になると思われ、AEDのビデオを使用して、安全訓練を行えば良いと思った(60代以上 職長・管理職)
・酸欠の危険さ(20代以下 一般社員)
・硫化水素発生の原因などを、あらかじめ知っておくことで、危険かどうか判断したり、対策を取ることができると分かった(20代以下 一般社員)
・受講して30年以上たっていたが、改めて再受講して、基本を認識する事が出来、今後の社内教育に役立てられます(  経営者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・作業従事における知識の1つとして、為になりました(30代 一般社員)
・酸素濃度の重要性や有害物質(ガス)の危険性を知る事ができて、良かった(20代以下 一般社員)
・ピット配管するうえで(60代以上 一般社員)
・様々な現場での話を聞く事ができた(40代 一般社員)
・知識が増えた。時々聞き取りにくい(20代以下 一般社員)
・今までの作業内容に照らし合わせ、再度改善点を検討し、今後の育成、作業に生かす事が出来そうです(  経営者)
・酸素濃度の比重などの必要量など。18~21(60代以上 一般社員)
・自分の現場ではあまり関係のないことや、聞いたことのない単語も多く、少し難しかった(20代以下 一般社員)
・非常に危険、かつ、酸素濃度の安全対策がよく分かりました(60代以上 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ