2020年5月22日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:奈良県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 5
現場における意識や教育 6
作業上の技術やノウハウ 3
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 6
新たに関心を持った 3
特になかった 

・安全帯と墜落制止用器具の規格の違い等(30代 職長・管理職)
・保護帽の汚れを落とすのにシンナーを使うと、保護膜がなくなるのでダメという事を初めて知った(50代 職長・管理職)
・フルハーネスのすごさ(30代 一般社員)
・ショックアブソーバーにも種類があることが分かった(30代 職長・管理職)
・災害の多さ(30代 経営者)
・労災関係。ハーネスの安全性の理由。2丁がけの理由(50代 経営者)
・高所に取り付ける事で負担が軽減されて、安全確保につながる(50代 安全衛生責任者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・法令等の知識を再確認できた(30代 職長・管理職)
・講習内容が分かりやすかった(50代 職長・管理職)
・勉強になった(30代 一般社員)
・社内教育のためこれから教える際のポイントが分かった(30代 職長・管理職)
・ポイントを教えてもらい、分かりやすく、実用的だった(50代 経営者)
・現場にて役立つ知識がついた(50代 安全衛生責任者)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ