2020年2月18日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:兵庫県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 16
現場における意識や教育 28
作業上の技術やノウハウ 8
その他 ・無し
・特にない

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 9
新たに関心を持った 14
特になかった 17

・今一度現場のこわさを思い出しました(50代 一般社員)
・安全に対する意識(30代 職長・管理職)
・ハーネスのサイズ(40代 一般社員)
・安全帯の正しい使用方法について(D環の位置など)発見があった(  )
・ハーネスの仕様(40代 一般社員)
・DVD(40代 経営者、職長・管理職、安全衛生責任者)
・法令と社内基準を比べて、より良いやり方を考える必要性(30代 一般社員)
・ランヤード(特にショックアブソーバー)に種類があることを知らなかったので、目的に合ったものを選ぶ必要があることを知れて、よかった(30代 一般社員)
・リスクアセスメント(30代 一般社員)
・労働災害防止への取り組み(60代以上 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・日頃意識していないので、考えさせられた(30代 職長・管理職)
・ハーネスの仕様(40代 一般社員)
・フルハーネスについて、いろいろ理解できた(40代 安全衛生責任者)
・業務上必要な為(40代 一般社員)
・ハーネスの使用方法を正しく学べた(30代 一般社員)
・安全に対する意識が高まった(60代以上 職長・管理職)
・分かりやすかった(30代 一般社員)
・フルハーネスの実践が出来た(60代以上 一般社員)
・慣れについて。安全への努力のしかた(20代以下 一般社員)
・工事に取り組む気持ちを再認識した(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ