2019年11月6日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:山形県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 6
現場における意識や教育 15
作業上の技術やノウハウ 8
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 6
新たに関心を持った 6
特になかった 11

・現場での意識の持ち方(50代 一般社員)
・法規、法律について(40代 職長・管理職)
・落ちた時の衝撃が思ったより強い(20代以下 一般社員)
・高さの決まりやどこにどの用途で使うなど、知らなかったら、分からず使用してたので、知れて良かった(30代 職長・管理職)
・ショックアブソーバーが安全帯、墜落制止用器具に取り付けられていることを知りました(  )
・実技講習もあり、吊られた場合の体験が出来て、貴重な体験になった(30代 一般社員)
・宙吊りになった時に救助に4人くらいかかる(30代 一般社員)
・ぶら下がれた(40代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・話が聞きやすかった(20代以下 一般社員)
・珍しい体験(30代 一般社員)
・使い方を覚えることができたので、良かったです(20代以下 一般社員)
・話が聞きやすい(40代 職長・管理職)
・分かりよかったです(60代以上 )
・法令・規制の面で再認識ができた(40代 経営者)
・安全性の意識向上になった(30代 職長・管理職)
・墜落制止用器具を使用してぶら下がった(  )
・現場でケガした人の事例を見ることが出来、安全意識が高まった(30代 一般社員)
・最初は必要ないと思っていましたが、終わってみて、良かったと思いました(30代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ