2019年10月19日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(出張講習) 場所:埼玉県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 2
現場における意識や教育 10
作業上の技術やノウハウ 3
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 2
新たに関心を持った 9
特になかった 

・安全帯の違いと現場内の使用方法(60代以上 一般社員)
・胴ベルト一本吊りよりも安定性があるなど(50代 一般社員)
・ハーネスと胴ベルトの比較において、体への負担等(40代 一般社員)
・フルハーネスの良さ(50代 職長・管理職)
・日本のフルハーネスの使用率が、世界と比べて低かった事(40代 経営者)
・装着することで、違和感がないことが分かりました(40代 経営者)
・U字型安全帯とハーネス型の違い。身体全体で荷重を受ける(60代以上 一般社員)
・墜落時の体の負担が、胴ベルトと全く違い、少ない事が分かった(50代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・思いがけない法令・規制を発見出来た(60代以上 一般社員)
・分かりやすく、良かったです(50代 一般社員)
・フルハーネスの装着を体験できて良かった(40代 安全衛生責任者)
・社員教育(40代 経営者)
・吊られると、思った以上に四点(両肩、両太もも)が圧迫された(40代 経営者)
・作業員に指示・指導を行う(60代以上 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ