2019年7月29日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:東京都

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 13
現場における意識や教育 23
作業上の技術やノウハウ 15
その他 ・全て
・事故発生時の措置は、現場の作業員全員が認識を持たないといけない
・身を守る事

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 12
新たに関心を持った 14
特になかった 10

・日本の安全が遅れている事(20代以下 その他)
・ショックアブソーバーに種類がある事を知った(20代以下 一般社員)
・事故発生時の対処方法も学んでおく必要がある(40代 職長・管理職)
・自分に合った道具の選定が必要となる事(40代 一般社員)
・宙吊りになった時の救助法をVTRで見れ、参考になった(40代 一般社員)
・正しい知識をもって使用する事(40代 一般社員)
・ショックアブソーバーに規格がある事を知った(30代 一般社員)
・器具・工具の取扱い方、選び方(40代 職長・管理職)
・自分の業務にどのハーネスが一番合うのか(30代 職長・管理職)
・セルフレスキューに関して(50代 その他)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・単純に講師としてのお話だけでなく、現場視点での話が聞けて良かった(30代 職長・管理職)
・対応等のノウハウが聞けた事(20代以下 一般社員)
・フルハーネス(安全帯)の適正な使用方法を知り、確認出来ました(50代 一般社員)
・ビデオの説明と講師の説明が分かりやすかった(50代 安全衛生責任者)
・保護具について、あんまり詳しくなかったので、講習を聞けて良かった。レスキューの方法が知れて良かった(20代以下 一般社員)
・実証実験の動画を見れた(30代 職長・管理職)
・今まで間違った使用方法に気付けた事(40代 一般社員)
・安衛法の重要性を知った(30代 一般社員)
・このような機会をきっかけに、現場での意識を改めて考え直す事ができそうです(40代 職長・管理職)
・様々なフルハーネスを試す事が出来た(40代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ