2019年6月21日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:神奈川県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 14
現場における意識や教育 24
作業上の技術やノウハウ 19
その他 ・教育修了証。吊られた際の行動

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 9
新たに関心を持った 7
特になかった 20

・ハーネスの正しい装着方法(40代 一般社員)
・道具の選定、装着の仕方(40代 一般社員)
・吊られた際の行動、姿勢(30代 )
・ハーネスの取り付け方(40代 一般社員)
・事故例が予想外だった(30代 職長・管理職)
・フルハーネス着用が初めてのことでしたので、初歩的なこと、どう着用するかなどから学ぶことができ、役立ちました(30代 一般社員)
・墜落時にかかる荷重の大きさが、予想以上に大きいことが分かった(20代以下 一般社員)
・ハーネスにも色々と種類があること(50代 職長・管理職)
・自分では思い付かなかった、フックのかけ方、悪い例として紹介されていたものが、自分では考えられないもので、KYする時の考え方の参考になりそうと思いました(30代 一般社員)
・レスキューシステム(40代 その他)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・ハーネス使用方法がよく分かった(40代 一般社員)
・ビデオで分かりやすかった(60代以上 経営者)
・安全への意識が上がった(20代以下 その他)
・着用の方法がよく分かった(40代 一般社員)
・分かりやすかった(40代 一般社員)
・安全帯の現行モデルと新規格モデルの変更点など、詳しいことが分かって、良かった(20代以下 一般社員)
・安全への再確認が出来た事(40代 経営者)
・色々な動画を見て、視覚的に理解しやすかった(40代 一般社員)
・自身の考えでは、思い付かない例を見れた点(30代 一般社員)
・実際にフルハーネスを使用し、体験できた(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ