2019年5月21日 職長・安全衛生責任者能力向上教育(出張講習) 場所:神奈川県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 8
現場における意識や教育 16
作業上の技術やノウハウ 1
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 7
新たに関心を持った 9
特になかった 2

・指示、指導、伝達の方法について(60代以上 その他)
・ヒヤリ・ハット報告での心身分析について、勉強になりました(40代 一般社員)
・人の内面についても理解すべきところ(50代 職長・管理職)
・報・連・相が大切ということ。45才以上は中年(自分の体が変わる時期)、55才以上は高齢(現場)(40代 職長・管理職)
・今迄はルーティーンとして新規入場教育、その他教育を現場で実施していたが、災害防止を意識させるような教育を実施したいと感じた(40代 安全衛生責任者)
・職人さんの性格・考え方等、皆一人一人違うという事。改めてそれぞれに対応の仕方を変えて、指導しなければいけないという点(60代以上 一般社員)
・改めて労災発生による四重責任を理解した(40代 職長・管理職)
・ヒヤリハット報告から、心身分析を行い、不安全行動や作業環境整備を行い、事故発生要因を取り除く事が大切である事が分かった(60代以上 職長・管理職)
・労働安全衛生法上の事業者責任について、これまでも意識はしていたが、今回の講習で改めて意識が強まりました(30代 一般社員)
・ヒヤリハット報告の活用方法(40代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・災害防止を行うための様々な対策、重要性を改めて実感した(40代 安全衛生責任者)
・職長教育を改めて受け、現場における自分の業務責任を自覚できた(50代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・話が分かりやすかった(30代 一般社員)
・ビデオで分かりやすく説明された点(60代以上 職長・管理職)
・様々なDVDを見せて頂き、分かりやすかった(30代 一般社員)
・ビデオの多用で分かりやすかった(60代以上 )
・何回か現場にいましたが、改めて現場での作業に対しての安全意識を持つようになりました(40代 一般社員)
・職長と安全衛生責任者の任務がよく理解できた(60代以上 職長・管理職)
・ビデオで事業者の責任や、安責の職務、災害発生時の措置や、作業手順書、リスクアセスメントが分かりやすく理解できた(40代 一般社員)
・外部教育を受けることで、新たな情報、考え方を知ることが出来る(40代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ