2019年3月29日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(出張講習) 場所:愛知県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 23
現場における意識や教育 21
作業上の技術やノウハウ 6
その他 ・ハーネスの特徴が分かりやすかった

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 16
新たに関心を持った 13
特になかった 12

・ハーネス型は装着感が思っていたより良かった(20代以下 一般社員)
・実技講習で皆の意見を聞けて、良かった(20代以下 一般社員)
・フルハーネスの種類(20代以下 一般社員)
・墜落制止装置があれば、命が助かるとの思い込みがあった。宙吊り状態をいかに早く救助できるか(60代以上 職長・管理職)
・初日の死亡者数が多いこと(30代 一般社員)
・実際に着用してみて、思っていたほど重くなかった(60代以上 一般社員)
・法令について関心を持った(40代 職長・管理職)
・胴ベルトは落下時に害がある事を想像していたが、その通りだった(40代 一般社員)
・ハーネスの構造(40代 職長・管理職)
・正しいハーネスの使い方を知りました(  経営者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・初めてハーネス型の安全帯を着用することが出来たため(20代以下 一般社員)
・使用方法、関係する法令、どの状況なら使用していいか等(20代以下 一般社員)
・いつフルハーネスに変わっても対応できる(30代 一般社員)
・ハーネスが必要な高所作業について、理解が出来た(30代 一般社員)
・装着してみて、実際に体験できて良かった(60代以上 一般社員)
・新しい知識を得ることが出来ました(50代 一般社員)
・フルハーネスの取り付け方が分かった(20代以下 一般社員)
・実技が出来、内容も非常に分かりやすかった(40代 職長・管理職)
・ハーネスの着け方が練習できて良かった(40代 一般社員)
・分かりやすかった。じっくり聞かせてもらった(40代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ