2019年1月31日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:東京都

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 8
現場における意識や教育 25
作業上の技術やノウハウ 10
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 7
新たに関心を持った 7
特になかった 18

・補助スリングがある事はじめて知りました(50代 職長・管理職)
・従来の安全帯の危険性(50代 安全衛生責任者)
・思ったよりも軽かった(50代 一般社員)
・ハーネスの使用高さ(50代 職長・管理職)
・安全の基準が、日本よりも海外の方がきびしい事(40代 一般社員)
・ハーネスの重要性を実感しました(40代 安全衛生責任者)
・ハーネスに種類がある事を知った(50代 一般社員)
・ランヤード使用時に第一種・二種の使い分けがある事など勉強になった(40代 経営者)
・フルハーネスの付属品(50代 職長・管理職)
・墜落時の大腿部の締め付けを軽減する補助スリング的な商品(50代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・意識改革(50代 安全衛生責任者)
・安全意識の向上(50代 安全衛生責任者)
・レスキューの事がわかりました(40代 経営者)
・講師がわかりやすい(50代 一般社員)
・最近は、自分で現場で行く事が無いが、最近の事情も織り交ぜた講義になっていたので良かった(40代 一般社員)
・日本の方が安全面などは優れていると思っていましたが、まさかのガラパゴスだったとはおどろきました。気持ちの切り替えができたのが良かったです。悪かった点はありません(40代 安全衛生責任者)
・映像も多く理解し易かった。又、この様な機会を通し、安全意識を高める教育となって良かった(60代以上 安全衛生責任者)
・先生の話が良く(50代 一般社員)
・実際にハーネスを装着してみて、胴ベルトとくらべ、重量が分散している事を感じた(40代 経営者)
・グループ別実技時、安全衛生に関してのDVDを流す(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ