2018年12月25日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:山形県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 20
現場における意識や教育 19
作業上の技術やノウハウ 9
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 8
新たに関心を持った 8
特になかった 18

・墜落制止用器具の種類、用途(40代 職長・管理職)
・ランヤードの選定(30代 一般社員)
・今までは、高所から転落したら死亡するケースが多かったが、フルハーネスをつけることによって、死亡を回避できることが良いと思った(40代 一般社員)
・安全帯を使用している時、安全を考えて使用するのではなく、ただ義務で着けていました。今回の教育をきっかけに、意識が変わりました(30代 一般社員)
・落下時の速度(60代以上 その他)
・胴ベルト型があまり安全でない事(50代 職長・管理職)
・胴ベルトでも圧死する可能性があるとの事(50代 )
・各器具の取り扱い方法や、新たな器具の発見があった(40代 職長・管理職)
・ショックアブソーバーの構造。装置の順序。サスペンショントラウマとエマージェンシーストラップについて。墜落制止用器具を装着していても、宙吊り状態であると、数十分で死んでしまう事に驚いた(50代 職長・管理職)
・特別教育の重要性(グラインダー等)(40代 経営者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・これからの高所作業で役に立つことがあったので、良かったです(40代 一般社員)
・(良)複数の器具を装着させてもらえた点(30代 一般社員)
・ハーネスの使い方が分かったので良かった(  )
・墜落による災害をなくす必要性、対策が必ず必要であると、改めて思った(50代 職長・管理職)
・知識を得た(40代 一般社員)
・色々と知識が広くなった(60代以上 その他)
・高所作業時の危険性を感じる事ができた(50代 )
・特別教育の重要性(グラインダー等)(40代 経営者)
・(良)ロープ、ランヤード、ストラップ等の使用期限が分かった事(開始してから3年)。悪くならないと交換しないので、目安になる。指導もできる(50代 職長・管理職)
・胴ベルト型を過信していた事(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ