2018年12月25日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 場所:東京都

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 13
現場における意識や教育 23
作業上の技術やノウハウ 15
その他 ・フルハーネスの取り扱いと、社内へ説明(フルハーネスについて)すべき点

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 12
新たに関心を持った 12
特になかった 13

・フルハーネスやランヤードの種類と組合せが色々あること(40代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・物には必ず使用期限がある。体にあった物を使用する(40代 一般社員)
・フルハーネスは着けていれば、安全なものと思っていたが、宙吊り状態のときも、死亡事故につながるような危険な状態だということを知った(20代以下 一般社員)
・安全帯は一時的に助かっても、宙吊り状態では危険であり、過信せず、まず落下しない事が大切であると学習した事(40代 一般社員)
・フルハーネスの概要や事故事例を確認できて、安全対策の重要性を見直すことができた(30代 一般社員)
・ランヤード、フルハーネスの装着方法(50代 職長・管理職)
・ハーネスの特徴(50代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・第一種、第二種ショックアブソーバーでの違い。災害事例の説明(20代以下 一般社員)
・新たな墜落制止用器具の進化(50代 職長・管理職)
・フルハーネスの知識(40代 経営者)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・動画を使った講習で、よく理解できた(40代 職長・管理職、安全衛生責任者)
・より安全面に対する意識を高めるきっかけになった(20代以下 一般社員)
・フルハーネスの着用実践(40代 職長・管理職)
・実際の事故事例をみることで、フルハーネスの着用の意味と、現場での安全意識が向上した(20代以下 一般社員)
・建設関係では無いですが、事故についてや、フルハーネスの知識を付けることができた(30代 一般社員)
・分かりやすく説明していただいたので、理解しやすかった(20代以下 一般社員)
・DVDが見やすかった。フルハーネスの調整が難しいと感じた(30代 一般社員)
・フルハーネスに実際に触れて、つけ方を学べたこと(20代以下 一般社員)
・説明が具体的で分かりやすかったです(40代 一般社員)
・ハーネスの適用サイズがある(フリーサイズだと思っていた)(40代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ