2018年12月25日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(出張講習) 場所:大阪府

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 3
現場における意識や教育 8
作業上の技術やノウハウ 4
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 3
新たに関心を持った 5
特になかった 2

・落下した後の対応が教育にないことがおかしいという点(40代 一般社員)
・労働災害の防止(30代 一般社員)
・ハーネスにショックアブソーバーが備わっている事を、初めて知りました(40代 一般社員)
・ハーネスのショックアブソーバーの意味が理解できて、良かった(30代 一般社員)
・ショックアブソーバーにおいて、第一種、第二種との違いがあることが発見だった(40代 一般社員)
・吊られた時にあまり長く持たないことが分かって、良かった(40代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・ハーネスの使用に改めて注意深くなった(40代 一般社員)
・知識が増えた(30代 一般社員)
・ハーネスの装着方法で、これまで正しく出来ていなかった所が分かった(40代 一般社員)
・講師の方は親切な方で良かったと思います(30代 一般社員)
・器具の安全確認が重要だと再認識できた点(40代 一般社員)
・(良)普段ハーネスを使用することは少ないので、つけ方を含めて学べたこと(40代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ