2018年11月29日 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(出張講習) 場所:滋賀県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 9
現場における意識や教育 7
作業上の技術やノウハウ 5
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 9
新たに関心を持った 4
特になかった 

・胴ベルトがそれほど安全ではない事(40代 一般社員)
・フルハーネスにいろいろ種類があるところ。実際の現場に合ったものを選ぶところ(20代以下 一般社員)
・実技で勉強になった(60代以上 その他)
・ショックアブソーバーがあるだけで、衝撃がとても変わるという事(30代 一般社員)
・胴ベルト型よりも体にかかる負担が少ない(20代以下 一般社員)
・フルハーネスの取り付け方(60代以上 一般社員)
・フルハーネスの着用(40代 一般社員)
・ショックアブソーバーの構造(50代 一般社員)
・足場関係の話(60代以上 一般社員)
・フルハーネスの必要性。向き、不向き、分かりやすかった(40代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・新しい知識が得られた為(40代 一般社員)
・説明がとても分かりやすかったです。フルハーネスの構造が分かった(20代以下 一般社員)
・講師の説明が丁寧だった(60代以上 その他)
・安全に対する意識が高まった。事故は起こしたくないと思った(30代 一般社員)
・今まで知らなかった知識を得られた(20代以下 一般社員)
・使用時に注意する所が分かった(60代以上 一般社員)
・(良)動画の視聴は分かりやすい(40代 一般社員)
・高所作業時の安全意識向上(50代 一般社員)
・フルハーネスの着用(60代以上 一般社員)
・意識せず使用していた道具が、用途に合っているのか考える機会になった。他の講習会のように、読み上げるだけではなかった(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ