2018年9月1日 振動工具取扱作業者安全衛生教育(出張講習) 場所:東京都

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 10
現場における意識や教育 22
作業上の技術やノウハウ 12
その他 ・騒音性難聴の存在とその対策手法

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 14
新たに関心を持った 12
特になかった 7

・ジグソーやサンダーが、振動工具の部類に入っているとは思わなかった(50代 一般社員)
・正しく保護具を着用する必要性を感じた(30代 一般社員)
・振動工具それぞれにおける作業時間の制限等があること(60代以上 一般社員)
・電動工具等の正しい使い方と、作業を効率よくするための道具選び、適正な作業時間(20代以下 一般社員)
・日々自分達が使っている電動工具が、振動量が多い事に気付かされた(30代 職長・管理職)
・振動機器の3軸合成値の意味、ノモグラフの使用方法を知ることができ、今後の現場で活用できると感じた(30代 職長・管理職)
・短い時間しかできないこと(20代以下 一般社員)
・障害は一度わずらうと二度と治らないこと(40代 一般社員)
・振動の激しさが工具に表示されているのは、知らなかった(三軸合成値)(50代 安全衛生責任者)
・今まで振動障害についてあまり認知していなかった(50代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・新たな知識で工具を使える(40代 職長・管理職)
・お話もビデオもテンポ良くて、面白かったです(40代 一般社員)
・振動工具を使用するにあたっての知識が深まった(30代 一般社員)
・安全に振動工具を使うための心構えを再認識した(30代 一般社員)
・映像教育が分かりやすい(30代 一般社員)
・知らなかった事をいろいろと聞けた(50代 安全衛生責任者)
・保護具の中で知らないものを知れた(20代以下 一般社員)
・分かりやすかった(20代以下 一般社員)
・工具等の具体的な仕組みを見直そうと思った(30代 職長・管理職)
・振動機器を使用する上で注意すべき事がよく分かった。また、自分の身を守る必要性が理解できた(30代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ